京都市、二条でお子様やオーガニック好きの方におすすめの野菜を

マルシェノグチ

075-432-7243

マルシェノグチの物語― 第一章 ―「マルシェノグチを知る」

野菜屋

deco

まずはじめに。「やさいやって何なの?」そんなお話から

「マルシェノグチ」は2013年の春、京都二条に野菜専門店としてお店を開きました。私たちは野菜を販売している「八百屋さん」よりももっと、農家さんとお客様をつなぐ存在でありたいと考えています。だからこそ、販売だけではなく、お話をする時間を大切にしています。農家さんの魅力をたくさん知り、お客様に伝えることも仕事の一つなんです。
そして、野菜や果物以外にも、農家さんが作る漬物や加工品などの販売も行っています。野菜に対しての何でも屋になりたい、そんな想いを込めて八百屋ではなく「野菜屋」と表現をすることにしました。野菜を通じて多くの方が笑顔になってもらえるように、今日も私たちは野菜屋としての様々なことに挑戦していきます。

ノグチの一日は野菜でいっぱい

オーナー

Openするまでにすることはいっぱい

今日はどんなお客様に出会えるかな。そんなことを考えながら野菜を並べます。
また、農家さんの温かさが伝わるよう、店内のポップは全て手書きです。
伝えるお仕事ですから、準備に手間を惜しみません。

陳列棚

「ノグチさーん」野菜が届く時間です。

deco

deco

たくさんの農家さんとお取り引きをしており、
中にはお店まで届けに来てくださる農家さんもいらっしゃいます。
そろそろイチゴの季節だよ、そんな、季節の野菜や
果物の情報を教わって、それをお客様に伝えます。

農家さんとのおしゃべりは野菜を知る時間

農家さん

ヒデさん、今日もありがとう

この季節になるとアレとアレの収穫が始まるなぁ

〇〇さんにも声かけとくから、おいでおいで

そうなの?今度の日曜日農園に見に行ってもいいかな?

農家さんに会いに行く

ゲノチの野菜

ネギ

届いた野菜はすぐ準備。

どの野菜も農家さんが手間暇かけ育てたもの。
そんな野菜たちは、お客様の手にとってもらえることで
初めて輝けます。
私たちの仕事はこのコたちを早く
ステージにあげてあげること。
そのための準備ならどんな仕事も楽しいものです。

さぁさぁ。お客サマがやってくる時間

マルシェノグチの野菜は有機栽培や、
減農薬栽培などで作られた野菜ばかり。
小さななお子様がいる家庭や、オーガニック好きの方、
ご近所の方々に多くご利用いただいています。
「地元に愛される野菜屋でありたい」
それが私たちの目標なので、お客様で賑わう店内を見ると、
心から嬉しくなります。

  • お客様
  • ママ

今日はこんな小さなお客様も

近所のお子様の成長を感じられるのも、この仕事のいいところ。
「こないだまでまだあんなに小さかったのに」そんなお母さんの声に
「ほんと、ほんと」と反応する別のお母さん。
お客様同士がにこやかに会話をすることも
マルシェノグチではよくある光景です。

配送

マルシェノグチの仕事の一つ

マルシェノグチとお付き合いがある個人飲食店さんは、料理のことを考えて、食材を選ばれている方ばかりです。
野菜のことを真剣に考えてくださり、私たちにもたくさんの出会いをくださっています。
今日はこの野菜たちがどんな素敵な一皿に変身するんだろう
、とワクワクしながらお届けします。

信頼の関係を築く

卸のコト

deco

deco

スムージーやスープの販売も

野菜の中でも形があまりよくないものや、
キズがついてしまったものなどは販売されることがなく、
捨てられてしまうことも。
農家さんからそんなお話を聞いて、
マルシェノグチではスムやスプの販売を
新しく始めてみました。

やさいやの挑戦

スムージ 

店内でもOK!テイクアウトもOK!

マルシェノグチに来店する前に当店からのお願い

その1

マルシェノグチは住宅街の中にあります。
お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください。

その2

野菜や果物に関しては季節により仕入れが異なります。
お店にご来店くださった時に、「あの野菜って今年も入ってくる?」と
気軽にお声かけください。

その3

個人宅配は定額で決まった曜日におすすめ野菜を配達するレギュラーさんと
毎週のリストをもとに欲しいものを単品注文する個人宅の二択になります。
配達に興味をもたれた方はまず一度お店にいらしてください。

最上部へ